事故現場の実況見分
自動車事故での人身事故の場合は、警察は刑事事件として現場検証を行い、事故の詳しい状況等を作成して、事故における重要な証拠の一つとして作成します。

これは万が一刑事裁判になったとしても最も重要な証拠になり、又自動車保険の過失割合を決めるにも、参考にされます。

大事な事として、嘘を付かない、冷静に事故の状況を警察官に説明する、加害者、被害者と意見が食い違う場合には、相手の言う事を、嘘と分かっていても妥協するのではなく、貴方の本当の真実を実況見分調書に記載してもらいましょう。

そしてその食い違う内容も正確に記載されているのか、確認することも大事です。

少々面倒ですが、警察官も毎年何百件と事故処理をしているので、余程複雑な事故でない限りは、直ぐに終わると思います。

私が事故をした時に、片側2車線で横断歩道が無い所をおじいさんが渡っていて、接触事故を起こした時の、以外と直ぐに車の傷の付き具合や、破損具合を見て、両者の意見の食い違いをまとめていました。そして大体の過失割合と、違反点数を言われて記憶があります。

その時は過失割合が2:8でした。以外とおじいさんにも過失があったの認められました。そして違反点数は前方不注意で2点の減点だったと思います。

実況見分として大事な事は、いくら自分に過失があったとしても正直に報告する事が大事ですので、嘘を付かず報告しましょう。

警察も嘘を付いているのか、ブレーキ後や破片の飛び方を見て大体分かるそうです。
無料で商品券1000円分もらえる見積もり比較サービスのご紹介
注目!最大20社から一括見積もりでき商品券1000円分プレゼント!はここだけです。
かんたん入力で、各社自動車保険の見積もり比較がパソコン画面に一覧表示! 年間数万円も節約できた方もでました。その安さ・便利さに私も驚きました。あなたもきっと驚くでしょう。
  • プレゼントをもらったとしても、決して契約する必要はありません。現在ご加入中の保険との目安にしてください。

自動車保険一括見積りで1,000円もらえる方法!

見直し

選び方

基礎知識

種類

特約

節約

会社

事故処理

Q&A

ニュース

ワンポイントアドバイス
自動車の保険料やサービスは毎年変わります。半年に一度は、見積もり比較サイトでチェックしましょう。そのたびに商品券がプレゼントされますよ♪