自動車保険の種類別の選び方
自動車保険の種類には2種類あり、その1つが自動車損害賠償責任保険といって強制的に加入する保険で自賠責保険と言われています。もう1つが任意で加入する任意自動車保険です。この任意自動車保険の内容が、私達にとって自動車保険を選ぶ時にとっても重要になってくるのです。そこで今回任意自動車保険の種類での選び方をご紹介いたします。
  • 対人賠償保険

対人賠償保険とは、対人に対しての賠償保険です。車の運転中に他人を怪我もしくは死亡させてしまった時に、損害賠償責任が発生した場合に支払われる保険金です。人を死亡させたり、重症の怪我を負わせ長期入院などになれば、高額な損害賠償責任が発生したりしますので、対人賠償保険は無制限などを付けておくと安心でしょう。又注意と致しまして、対人は他人という事なので、運転者本人やその家族に対しては保険適用にはなりませんので注意が必要です。

  • 対物賠償保険

対物賠償保険とは、対物に対しての損害保険です。車の運転中に第三者の物に損害を与えた場合に、損害賠償責任が発生した場合に支払われる保険金です。車を運転中に他人の車をぶつけて壊したり、電柱や信号機、他人の家の塀などなど、車を運転中に起こした物に対する保険です。無制限を付けれれば安心ではありますが、対人賠償保険と違って何億もの損害賠償はまれですのです。なぜなら何億もする物が周りにそんにあるとは思えず、高くても数千万円だと思うからです。対物損害保険は良く考えればコスト削減できるかもしれません。重要な選び方のポイントだと思います。
又注意と致しまして、対人賠償保険と同様、運転者本人や家族に対しては保険適用にはなりませんので注意が必要です。

  • 車両保険

車両保険とは、自動車同士による事故、盗難、自然災害などで車両に損害があった場合に支払われる保険です。
あくまで自分の所有している車の価値に見合った金額が、車両保険の補償範囲内の金額になります。100万円の車に200万円の車両保険は付けられないず、又逆に20万円などの低い金額も付けられません。自動車保険会社が指定する範囲内での設定になるのです。そしてこの自動車保険の種類での選び方で、最重要項目です。なぜならこの車両保険とは、対人・対物よりも下手をするとかなり高額だからです。良く考えれば矛盾しています。なぜなら対人・対物を無制限にしたとしても、車両保険の設定金額によっては車両保険の保険料の方が高いのですから。そこにはほぼ全ての自動車の損害に対して補償がなされているからなのですが、車両保険を付けない方も多々いるようです。なぜなら保険料が人によっては半分以上も安くなる方もいるからです。しかしほぼ全ての自動車の損害に対して補償があるのは考えどころですね。

  • 搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、搭乗者=貴方の車に乗っていた人が、自動車の事故などで怪我をした場合に補償する保険金です。この保険は家族などでも補償され、自動車の同乗者はみんな補償されます。もちろん本人もOKです。又、事故により賠償責任などとは関係なく、直ぐに保険金が支払われます。今は搭乗者傷害保険はセットで付いているので、搭乗者傷害保険の補償金額を選択する事により、節約や補償の充実ができると思います。又注意として万が一事故を起こした時にこの搭乗者傷害保険は、請求しないと保険金をもらえないなんて事もありますので、覚えておきましょう。

  • 無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とは、事故を起こした時に相手が保険に加入していない場合や、当て逃げなど相手が分からない時に、相手に代わって死亡や怪我などを補償してくれる保険です。これも比較的重要な保険の種類だと思います。なぜなら事故とは相手を選べないという事なのです。もちろん任意保険にきちんと加入している人もいるでしょうが、中には無保険者で暴走しているような人もいるのです。いくらこちら側が気をつけていても、事故は起こるのです。無保険者との事故などにより、結局自分で入院費や車の修理代等出さなければいけなくなったとならない為にも無保険者傷害保険は加入しておきましょう。

過去の経験からわかった無保険者傷害保険の重要性
実を言うと私も若かりし頃、任意保険には入っておらず、片側二車線を走行中、交差点も無い所で、自転車に乗って横断しているおじいちゃんがいました。車の側面に衝突し、そのまま救急車で運ばれました。頭から血がだらだらと流れ出ており、かなり背筋が凍りましたが、診断の結果はかすり傷程度でした。

しかし大変なのはその後でした。全て自分で処理しなくてはならず、警察署や自賠責保険の会社にどうせすればいいのか何回も電話をし、日々の生活にも支障をきたした程です。また被害者の方が親切だったので良かったのですが、万が一悪い人だったとすると多分何もかも失っていたかもしれません。それだけ示談交渉は難しいです。

最初、相手はごねていましたが、何度も足を運び納得して頂きました。本当に無保険車とは大きなリスクを抱えているのです。私の様に若い頃はそういった大切な事が分からず、安易に任意保険に入っていなかったり、入れなかったりします。ですから無保険者傷害保険は入っておいた方がいいと思います。


ここまでは、自動車保険における必要であり、最低限の自動車保険の種類をあげましたが、保険会社によって、同じ内容の自動車保険でも少しづつ条件が違ってきます。値段が安いだけで選ぶのもリスクがあります、又補償内容が少な過ぎて手出しが必要になってしまうなんてことにならないように、自動車保険に加入・見直しをする際には、自分の年齢や社会的責任にあった補償内容を選ぶと共に、家計にもやさしい保険内容に致しましょう。
無料で商品券1000円分もらえる見積もり比較サービスのご紹介
注目!最大20社から一括見積もりでき商品券1000円分もらえるサイトはここだけです。
かんたん入力で、各社自動車保険の見積もり比較がパソコン画面に一覧表示! 年間数万円も節約できた方もでました。その安さ・便利さに私も驚きました。あなたもきっと驚くでしょう。
  • プレゼントをもらったとしても、決して契約する必要はありません。現在ご加入中の保険との目安にしてください。

自動車保険一括見積りで1,000円もらえる方法!

見直し

選び方

基礎知識

種類

特約

節約

会社

事故処理

Q&A

ニュース

ワンポイントアドバイス
自動車の保険料やサービスは毎年変わります。半年に一度は、見積もり比較サイトでチェックしましょう。そのたびに商品券がプレゼントされますよ♪