運転者 年齢条件特約とは
運転者年齢条件特約とは、どういった特約なのかをご説明いたします。

自動車の保険には、様々な特約があり一つ一つを見直す事によって、節約にもなり補償の充実にもなります。

そこで今回の運転者年齢条件特約もその重要な一つなのです。

運転者年齢条件特約とは、自動車を運転する人の年齢が高ければ、経験も豊富になり事故発生の確率が若い運転者よりも少ないのです。そこでこのように運転者年齢条件特約を導入して私達の負担を軽減してくれているのです。

交通事故を起こす確率が高いと自然と保険料も高くなり、逆に交通事故を起こす確率が低いと保険料も安くなるという訳です。

そして運転者年齢条件特約の年齢制限には4種類あり、

1:全年齢担保(全ての年齢の人が保険の対象)
2:21歳以上担保(21歳以上の年齢の人が保険の対象)
3:26歳以上担保(26歳以上の年齢の人が保険の対象)
4:30歳以上担保(30歳以上の年齢の人が保険の対象)

があります。年齢の規定がありますので、年齢以下だと自動車を運転中に担保年齢以下の人が事故を起こした場合に保険金が支払われないので注意が必要です。

しかし、この年齢条件特約は保険料を安くする上でかなり重要です。それはかなり保険料が安くなるからなのです。私が保険に加入したての頃、早く26歳にならないかなとか、30歳にならないかなと思っていました。

しかも、更新月に等級割引にプラスして、年齢条件特約を適正年齢になり変更した時はグッと保険料が安くなったのを覚えています。

自動車保険においては自動車を運転する方の年齢は大きなポイントとなりますので、運転者年齢条件特約の契約プランを確認しましょう。
無料で商品券1000円分もらえる見積もり比較サービスのご紹介
注目!最大20社から一括見積もりでき商品券1000円分もらえるサイトはここだけです。
かんたん入力で、各社自動車保険の見積もり比較がパソコン画面に一覧表示! 年間数万円も節約できた方もでました。その安さ・便利さに私も驚きました。あなたもきっと驚くでしょう。
  • プレゼントをもらったとしても、決して契約する必要はありません。現在ご加入中の保険との目安にしてください。

自動車保険一括見積りで1,000円もらえる方法!

見直し

選び方

基礎知識

種類

特約

節約

会社

事故処理

Q&A

ニュース

ワンポイントアドバイス
自動車の保険料やサービスは毎年変わります。半年に一度は、見積もり比較サイトでチェックしましょう。そのたびに商品券がプレゼントされますよ♪